5月, 2016年

週に1回僕の家で若妻とセックスしています

2016-05-20

僕は3ヶ月ほど前から、20代後半ぐらいの若妻とセフレとしてお付き合いをしています。
僕の家からは、車で30分ぐらいの距離なので、いつも近くまで迎えに行ってあげて、僕の家でセックスをしているのです。

僕は一人暮らしをしているので、彼女さえ良ければ「僕の家でセックスしませんか?」と聞いてみたのです。
彼女も快く承諾してくれたので、それ以来ずっと僕の家がセックスの場となっているのです。

これならホテル代はかかりませんし、車のガソリン代が少しかかる程度で済みます。
しかも、僕の仕事は平日が休みということもあり、若妻との都合も合わせやすいのです。

基本的には、週に1回平日の昼間に彼女とセックスをしています。
彼女もパートとして働いてはいますが、基本的には土日のみなので、週1ペースで出会うことができるわけです。

また、車で迎えに行ってあげているお礼に、いつも彼女はお昼ご飯を作ってくれるのです。
それを食べるのもささやかな楽しみの1つでもあり、むしろセックスと同じぐらいワクワクする瞬間でもあるのです。

ご飯を食べて少ししたら、彼女とのセックスを始めて、夕方ぐらいまでたっぷりと楽しみます。
その後は、また車で近くまで送ってあげて、そこで別れて1週間後を楽しみにするわけです。

こういったセフレ生活が過ごせるのも、一人暮らしで平日休みなのが本当に大きいと思います。
もし実家で暮らしていれば、当然ながら家でセックスなどできませんし、平日が休みでなければこれほどのペースで出会うこともできないでしょう。

万が一彼女と別れてしまうことになっても、また同じような条件の女性を見つければいいわけですから。

エッチの相手はアダルト系の出会い系サイトで探そう

2016-05-20

セフレのようなエッチができる相手を探す時には、やはりアダルト系の出会い系サイトが最もオススメできます。
なぜなら、利用者のほとんどがセックスを目的としているわけですから、効率的に相手を探すことができるわけです。

もちろん、一般的な出会い系サイトであっても、決して探せないわけではありません。
ただ、どうしてもそういたサイトの場合は、アダルトよりも純粋な出会いをメインとした利用者が多いので、どうしてもセックス目的の相手を探しづらいのです。

わざわざ相手のプロフィールを確認したり、相手にメールを送って聞いてみないといけないわけですから、かなり効率が悪いと言えるのです。
それだったら、最初からアダルト系の出会い系サイトを利用した方が、遥かに手っ取り早いと言えるわけです。

また、相手側も最初からセックスを前提としているので、特に余計なやり取りをしなくても、すぐに出会いには応じてくれるでしょう。
もちろん、最低限のコミュニケーションは必要ですし、お互いのことを知るためにも基本的なやり取りは必要になります。
ただ、真面目な出会いを求めるわけではありませんから、相手と親しくなるためにじっくりと時間をかけて会話をする必要はないのです。

相手を見つけて、もしエッチをすることができれば、そこからセフレの関係になってもいいでしょうし、もちろんまた別の相手を探してもいいわけです。
アダルト系の出会い系サイトであれば、すぐに新しい相手を見つけることができるでしょうから、必ずしも最初にエッチした相手とセフレになる必要もないのです。

セフレを作ることはできずに終わりましたが

2016-05-20

僕がセフレを作ろうと頭に思い描いたのは、大学に入学してすぐでした。
ただ、奥手の僕にはナンパや合コンなどをする勇気がなく、結局そのまま普通の大学生活を過ごしました。

そして、無事に就活が終わったこともあり、大学を卒業する前に今度こそセフレを作ろうと思ったのです。
出会い系サイトに関しても前々から調べていたので、すぐに登録をして女性を探すことにしました。

あまり時間もないことから、たくさんの女性にアプローチをしました。
多い時には、1日に20人ぐらいの女性にメールを送ったと思います。

しかし、全く女性からの返事が来ることはなく、「やっぱりダメか」と諦めムードになっていました。
そして、大学卒業まで2ヶ月を切った時に、ついに一人の女性から返事があったのです。

僕よりも2つ上の女性なのですが、彼女は年下男性が好きなタイプらしいです。
これは絶好のチャンスだと思い、すぐさま女性に返信メールを送って、やり取りをすることにしました。

ところが、その後に女性のプロフィールを見たのですが、どうやら彼女は純粋な出会いを目的としているそうです。
なので、もし僕がセフレ目的だということを知ったら、相手にしてくれない可能性もあるわけです。

そこで、ひとまずセフレが目的であることを彼女に隠して、普通にやり取りをすることにしました。
女性とはすぐに親しい関係になり、半月後には出会うこともできました。

優しくて清楚な女性で、一緒にいてとっても楽しかったです。
結局、彼女とはセフレになることはせずに、純粋に恋人として付き合うことにしたのです。

セフレは作ることはできませんでしたが、それ以上のパートナーを手にすることができたわけです。

どうしてセフレを必要とするのでしょうか?

2016-05-20

独身の人だけに限らず、恋人のいる人や結婚をしている人でも、セフレを求めるケースはかなり多いです。
ただ、そもそもどうしてセフレを必要とするのか、そこを今一度じっくりと考えてみたいと思います。

そもそも、人間である以上は一人の人だけを愛することは、非常に難しいことだと言えるのです。
浮気や不倫をしてはいけないと言いますが、もしかしたらその考え自体がおかしいのかもしれません。

これを他の例で言うなら、好きな食べ物が1つしかない人なんてまずいないと思います。
カレーにハンバーグにオムライスに、いろんな食べ物が好きだと言うのがむしろ普通のわけです。
他にも、趣味をいくつも持つ人もたくさんいるわけですし、人間というのはいろんな物に興味を持つ生き物なのです。

したがって、「一人だけを愛せ」という考えの方が、本来であれば無理のあることですし、いろんな人を好きになって当たり前なのです。
むしろ、目の前にいる人以外は一切愛することができないというのは、そちらの方が異常だと言えるかもしれないのです。

とは言っても、現実は一人の相手としか結婚をできないわけですし、浮気は不倫は道徳的にダメな行為だと判断されてしまうのです。
だからこそ、せめてセフレとしてお付き合いをして、また違った形での癒しや快楽を得たいと思うの訳です。

セックスに関しても、本来ならいろんな人としたいと思うのが普通でしょうし、パートナーとだけしかセックスをしてはいけないというのも、よくよく考えれば変な話なのです。
ですから、他の人を愛するのは無理でも、せめてセックスだけはいろんな人とやってもいいと思うのです。

結婚後のエッチは義務だと感じてしまう

2016-05-20

恋人時代のエッチは、純粋にお互いの愛を確かめるためであったり、エッチを通じて関係を深めるなど、そういった意味合いで行われることが多いです。
もちろん、それによってお互いの性欲を満たすこともできるので、楽しい雰囲気でエッチをすることができるわけです。

ところが、結婚をしてからのエッチというのは、どうしても義務だと感じてしまうのです。
つまり、エッチをしたいという気持ちよりも、エッチをしなければいけないという気持ちになってしまうのです。

子供を作るため、夫婦としての体裁を保つため、夫婦関係が悪くなるのを防ぐためなど、そういった恋人時代とは全く違う気持ちでのエッチになってしまいがちなのです。
そうなれば、エッチで性欲を満たしたり、満足感を得ることが難しくなってしまうのです。

もちろん、人によっては結婚してからも恋人時代と同じようなエッチができるかもしれません。
ただ、それも結婚当初だけというケースが多く、何年も経過するとそういった気持ちになれなくなってしまうのです。

まして、今の時代は夫婦共働きが普通なわけですから、そもそも夫婦間のエッチすら満足にできないケースも多いのです。
そういった人からすれば、義務的でもエッチができるだけまだマシかもしれないのです。

そういったこともあり、結婚後もセフレを作る人は少なくありませんし、恋人時代のようなエッチを再現するために、純粋なセックスをしたいと思うのです。
セフレであれば、義務を感じることも一切ないでしょうし、ただ自分の性欲を満たすためだけにエッチをすることができるのです。

一度のセックスで全てを判断してしまってもいいのか

2016-05-20

セフレになれそうな相手と知り合い、実際にセックスをしたとします。
この時、十分に満足することができたのであれば、もちろんその場でセフレの関係を結ぶことになるでしょう。

一方で、もしあまり満足にいくセックスができなかった場合は、どのような判断をするのでしょうか?
もちろん、満足できなかったこともあり、セフレの関係になることを諦める選択肢もあります。
相性の合わない相手とセフレになっても、性欲を満たすことは難しいでしょうから。

ただ、満足いくセックスができなかったのは、セックスのやり方であったり、前戯が不十分だったりするなど、相性以外に原因があるかもしれないのです。
また、お互い初対面ということもあり、緊張の中でセックスをしたことから、やりたいエッチを全てできなかった可能性もあるわけです。

したがって、今回はあまり満足できなくても、次にセックスをした時には、以前とは打って変わって満足いくセックスができるかもしれないのです。
それを考えると、一度のセックスで全てを判断してしまうのは、ちょっと勿体無いかもしれないのです。

それに、また新しく相手を探すとなれば、それなりに手間と時間がかかるわけですから、せっかく知り合った相手を、たったの1回で見切ってしまうのはどうかと思うわけです。
せめて、最低でも3回ぐらいはセックスをしてみて、それでも満足できないのであれば、その時にまた別の相手を探せばいいかと思うのです。

これはセフレの場合だけに限りませんが、恋愛や友達関係でもそうですが、やはりある程度は付き合ってみないと、相手のこともよく分からないでしょうから、1回や2回で判断するのは早計なのです。

セフレの関係で気をつけるべき金銭問題

2016-05-20

セフレという関係は、基本的にお互い対等な立場になるわけです。
したがって、どちらか一方が優位になるわけではありませんし、そこは恋愛関係と何ら変わりはありません。

しかし、ここに金銭が発生すれば事情は異なります。
例えば、男性が女性に金銭を援助したり、あるいはその逆のパターンであっても、金銭を援助した方が立場は上になるわけです。

ただ、こうなるともはやセフレの関係ではなく、援助交際もしくは逆援助交際になってしまうわけです。
お金のやり取りが発生すると、金銭トラブルに繋がる可能性もありますし、面倒な事態になってしまう可能性もあるのです。

それ以前に、法的にも性行為で金銭のやり取りをするのは禁止されていますから、どちらにしてもお金の受け渡しはしない方がいいのです。
自分がやりたいセックスをしたいからと言って、安易に金銭を援助するのは控えるべきなのです。

もちろん、ホテル代は自分が出してあげたり、食事を奢ってあげるぐらいなら問題はありません。
その対価として、少しばかり自分がやりたいエッチをお願いしてみるといいでしょう。

どちらにしても、直接的に金銭のやり取りをするのは、かなりリスクの高い行為であることを覚えておくようにしましょう。
むろん、お金の貸し借りなどもしないようにして、そこの線引きはハッキリとさせておくようにしましょう。

セフレは、確かに割り切り関係ではあるのですが、お金による割り切りとはまた意味が違うわけですから、そこをごっちゃにしないようにしましょう。
たまにセフレも援助交際も同じように扱われることがありますが、全くもって別物なのです。

彼氏がいなくてもエッチをするためには

2016-05-20

女性だって、エッチをしたい気持ちになるものです。
ただ、彼氏がいない女性がエッチをするためには、どうすればいいのでしょうか。

例えば、男友達を誘ってみたり、職場の同僚男性と一緒に飲んだりすることで、エッチができるかもしれません。
お酒の勢いに任せれば、男性の方からホテルに誘ってくれるかもしれないので、それに期待する方法もあります。

あるいは、女性一人で歩いていたりすれば、男性からナンパされることもあるかもしれません。
特に、夜の繁華街で一人で立っていたりすると、男性に声をかけられる可能性も十分にあるでしょう。

他にも、合コンに参加をしたり、思い切って逆ナンをしてみるなど、選択肢はたくさんあると思います。
ただ、いずれも女性によっては、ハードルが高く感じられたり、なかなか勇気を出して実行できないことも多いでしょう。

しかしもう1つ、エッチをするための大きな方法があります。
それは、セフレを探すという行為です。

出会い系サイトなどを利用し、エッチができるセフレを作ることができれば、彼氏がいない女性でもエッチに困ることはないのです。
しかも、一度セフレの関係を結べば、その相手といつでもエッチができるわけですから、わざわざ毎回のように相手を探す必要もないのです。

サイトに登録をして、セフレ募集の書き込みをすれば、男性からコンスタントにアプローチが来ると思います。
あとは、その中から自分に合いそうな男性を選んで、実際に会ってエッチをするだけなのです。
もしエッチの相性がイマイチだったとしても、またすぐに他の男性を選べばいいわけです。

どれぐらいの関係がセフレとして理想的なのか?

2016-05-20

よく、「セフレとの関係は浅い方がいい」、「セフレとは深く付き合わない方がいい」と言われることがあります。
これに関しては、正解とも言えますし間違いとも言えるのです。

なぜなら、どれぐらいの関係がセフレとして理想的なのかは、人によって違ってくるからです。
それこそ、物凄く希薄な関係の方がいいと思う人もいれば、恋人に近いぐらい密接な関係の方が合っている人もいるのです。

もちろん相手の考えにもよるので、自分だけで決めることはできないでしょうが、お互いに深い関係を望んでいるのであれば、無理に距離を取らなくても自分たちの好きな関係で付き合っていけばいいのです。

人間関係に関してもそうですが、浅く広くいろんなタイプと付き合う派の人もいれば、少数でも濃く深く付き合う派の人もいるわけです。
どちらが正しいというわけでもありませんし、それに対する考え方も人それぞれなのです。

ですからセフレとの付き合いも、どう付き合うのが正しいのか、どれぐらいの関係が望ましいのか、人によって考えも意見も違うのは当たり前なのです。
なので、あまり深く考えずに、自分たちに合う方法で関係を結べばいいでしょう。

ただ、浅く付き合うことのメリットやデメリット、深く付き合うことの利点や欠点などは、事前にチェックしておくといいかもしれません。
特に初めてセフレを作るような人は、分からないこともたくさんあるでしょうし、参考程度にはしておくといいかと思います。

1つだけ守ってほしいのは、セフレは相手がいてこそ成り立つものですから、相手の考えを一切無視して関係を結ぶことだけは避けるようにしましょう。

Newer Entries »
Copyright(c) 2010 セフレを簡単に作れる人気サイト一覧 All Rights Reserved.