最近のセックス事情

事情

最近のセックス事情はどうなっているのでしょうか?
一言でいえば欲望に忠実になったと言えるのかもしれません。
それはネットやスマホの普及と深く関係しています。ネットやスマホが普及した事により
同じ目的を持った人と簡単に出会えるようになったのです。
例えばセフレが欲しいと思っても今まではどうやってセフレを作ればいいんだろう?
最初の段階で躓いてしまったのです。さすがに日常生活の中で自分がセフレを作るような人間であるという
事は隠しておきたいという人が多いでしょうし、また見た目ではこの人はセフレを作りたいと思っている人か
どうかの判断だって出来ませんから、この人とセフレになりたいなと思っても
「セフレとして付き合って下さい」と相手に伝えるのはとてもリスクが大きく安易に出来る事ではありませんでした。
しかしそれが出会い系サイトを利用する事で最初からセフレを作りたい人同士、それも
自分が求める条件に合う相手だけに簡単にアプローチする事が出来るようになったのですから、
これはもうセフレを自由に作って下さいと言われているようなものですよね。それなら遠慮なくセフレを作ろうと
なるわけです。
そのためセフレを作る人が年々増加傾向にあります。
セフレを作るのは独身のフリーの人に限定された話ではありません。既婚者ならセフレを作る事は不倫という行為に
なるわけですが、不倫だって今までのように結婚後に本気で別の相手を好きになってしまうという恋愛感情込の
不倫ならいつ不倫がバレて家庭が壊れるか分かりませんが、割り切ったセックスをするだけのセフレが不倫相手であれば
バレるなんてミスは犯しませんし、家庭も円満なままなのです。
つまり我慢をせずに満足出来るセックスが出来る時代になったというわけです。

ワンクリック詐欺の手口

■こんなケースに注意

ワンクリック詐欺という言葉を耳にした人は多いかと思います。
これは、サイト内のある一定の場所をクリックしただけで、そのサービスを利用したことになってしまうというものです。
多くはURLをクリックすることで、そのサイトに勝手に会員登録したことになってしまうという手口です。
また、ある質問に対して「はい」をクリックするだけでも同様な対応がとられるケースもあります。
こういったワンクリック詐欺は、アダルトサイトでしばしば行なわれています。
たとえば、エッチなサイトを見ていると「もっとすごい動画を見たければこちら」などと書かれていて、そこにはURLが貼りつけてあります。
男性心理として「もっとすごいのを見たい」と思うのはもちろんですからそのURLをクリックすると、パソコン画面に「会員登録が完了しました」などという文字が現れるというわけです。
そこには「会員登録料3万円」などといった文章とともに、「1週間以内に下記の口座にお振込みください」といった文章も見られます。
さらには「1週間を過ぎて入金がない場合は延滞金が発生します」とか「入金がなければご家庭や職場に集金に伺います」などいう脅し文句が書かれていることもあるのです。
したがって、特にアダルト関係のサイトにおいてはむやみにクリックしない方が無難といえるでしょう。

■無視するのが最適

もしこんな詐欺に遭遇してしまったなら、「無視」するのが最適な対処法です。
パソコンなどからその人の個人情報を割り出すのはまず不可能です。
また、「自分は使っていない」「入会するつもりはなかった」などと相手に直接連絡してしまうと、逆にこちらの個人情報を伝えることにもなりかねないので要注意です。

詐欺行為にご注意を

■なぜかなくならない…

インターネット上におけるさまざまな詐欺行為や詐欺紛いのトラブルが後を絶ちません。
そんな中でも、やはり被害や問題件数の最も多いのがアダルトサイトでしょう。
詐欺行為というのは、如何に相手を上手く騙すことができるかが重要です。
したがって、利用する側としても相手に関する情報や手口などを少しでも多く知っておくことが引っ掛からないためには必要です。
一般的によく知られている手口としては、ワンクリック詐欺があります。
これはもう説明するまでもなく皆さん注意されているようですが、それでもあいかわらず被害は多数発生しています。
しかし、これを防止するにはあくまでも利用する人の注意を自覚を喚起するしか方法がないのも事実なのです。

■利用規約をしっかり見る

他にもよくある手口としては、利用規約を盾にしたものです。
たとえば、利用規約に「当サービスでは予告なしに弊社の定める指定サービスに請求権を移行するケースがあります」といった記述が書かれていることがあります。
これはつまり、利用者の了解なしに別の有料サービスに勝手に登録され、そこから料金が請求されるということなのです。
登録した覚えもないサイトやサービスから突然請求書か送られてくるとなれば、誰もが驚いてしまうに違いありません。
また、「当サービスを無料で利用できるのは3時間のみで、その後は自動的に料金が発生します」といった類のものもあります。
本来、自動的に有料サービスに移行することは法律上認められませんが、規約に明記してあったという点を盾に強引に支払いを求めてきます。
利用者もトラブルには巻き込まれたくないので仕方なく払ってしまうことも多いのですが、そこが相手の思うつぼという訳なのです。

どうして女性がセフレを求めるのか

■女性心理を理解する

セフレサイトはたくさんの男性で溢れていますが、そこにはセフレ関係を持ちたい女性も少なからず登録しているからです。
そんな女性と上手くいくことを期待して、多くの男性がセフレサイトを利用しているのです。
でも考えれば、男性とは違い女性がセックスの相手を見つけるのはそう難しくないように思えます。
というのも、その気さえあれば、スナックでひとりで酒を飲んでいるとか、いわゆるナンパスポットに出掛けてみるなどすれば、いくらでも近寄ってくる男性はいるのではないでしょうか。
それを敢えてセフレを求めるという心理のウラには、何かがあるのではないかと考えられます。
そして、それを理解することは上手くセフレ関係を結ぶためのヒントとなるような気がします。

■こんなケースもある

女性がセックスだけの相手と付き合おうと考える場合というのは、どんな状況なのでしょうか。
もちろんセックスがしたくてたまらないというときなら、なりふり構わずセフレを募集するでしょう。
他にも、こっぴどい男女間のいざこざやトラブルに巻き込まれたり疲れてしまったときなど、「もうセフレでいいや…」という気分になることもあります。
さらには、一人の男性のことが好きでたまらないのに相手にまったくその気がなかったり、付き合っている女性がいるといったケースです。
「この人の彼女になることはできない」といった諦めの気持ちの中で、それでも一緒にいたい、繋がっていたいという思いが、その男性との身体の関係だけでもいいと割り切った考え方をさせてしまうのです。
セフレになりたい女性の悲しい女心といえるでしょう。

Copyright(c) 2010 セフレを簡単に作れる人気サイト一覧 All Rights Reserved.